営業日のご案内

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※青字は休業日です

代表者よりご挨拶

トップページ ->  代表者よりご挨拶

この度は、当オンライン出力センターアクセスネットへお越しいただき有難う御座います
アクセスネットは、1999年12月に携帯電話の販売店として創業しました
約2年間、携帯電話の販売に携わりその後、新しい事業として水性大判出力機1台を導入
オンライン出力センターアクセスネットとしてスタートしました
当初は、室内用のポスターのみを扱っていましたが、「屋外で使えますか?」
「看板として考えています?」などの声を聞き、溶剤プリンターを導入。
大判印刷では、室内用のポスター印刷から屋外用の看板までお客様のニーズにお答え出来るようサービスを
拡大してまいりました。

現在では、全国の印刷会社様、デザイン事務所様、企画会社様、大手企業様とお取引させていただいております。
これまで順調にこられたのも、お客様や仕入れ会社様の温かいご支援があってこそと心から感謝しています。
これからも変わらぬ皆様のご指導・ご鞭撻のほど、お願い申しあげます。



代表者プロフィール


代表: 千野昌利(センノマサトシ)

1968年京都市生まれ

高校を卒業後、就職した織ネームのメーカーにて
紙や布への印刷工程を管理する部署に配属される

30年近く前の事、インクジェットプリンターや
カラーのレーザープリンターなどほとんど無い時代
特色インクを練って8色刷るブランドタグの作成や
長台にTシャツを50枚くらい並べて1版づつ
手刷りでプリントする工場をまわり
印刷物が出来る工程を多種多様にわたり管理の経験する

一度は携帯電話の販売代理店に転職し、その筋で独立するが
他社との差別が出来ない販売店に飽き
創意工夫をする印刷物を中心に「モノづくり」する印刷業に戻る

移り変わりが激しい現代、最先端のみを追い続けるのではなく
本当に「いいもの」を追求し、新旧の技術を組み合わせ
新しいものが出来ればと試行錯誤の日々を過ごす






沿革


1999年12月 京都市中京区にて携帯電話販売店「アクセスネット」として開業

2001年10月 店舗火災の為、京都市中京区府庁前へ移転

2002年2月 大判インクジェットプリンター導入

2004年12月 事業拡大の為、現在の上京区事務所へ移転 リソグラフ増設

2005年1月 溶剤インクジェットプリンター導入

2006年9月 カラーマネージメント設備・ポッティング加工機導入

2006年12月 断裁機・紙折り機導入

2007年6月 フラットベットカッティングプロッター導入

2007年9月 Tシャツシルクプリント設備導入 製版→刷り→乾燥すべて自社生産

2008年7月 コニカミノルタオンデマンド印刷機導入 

2011年2月 SII社64インチインクジェットプリンター導入

2012年2月 ヒューレットパッカード、ラテックスインクジェット機導入

2013年3月 エプソン44インチ水性インクジェットプリンター導入

2013年2月 武藤工業溶剤54インチインクジェットプリンター導入

2014年3月 ホワイトインク搭載ミマキエンジニアリング溶剤インクジェットプリンター導入

2015年11月 パッド印刷機導入

2016年3月 コニカミノルタ印刷機・ホワイトトナー印刷機導入予定 

2016年4月 活版印刷機導入予定